上州・群馬県安中市鎮座 鷺宮咲前神社 開運厄除、方位除、身体健全、子宝、安産、養蚕の神さま

鷹巣神社(たかのすじんじゃ)
鷹巣神社
鎮座地
板鼻2650番地
主祭神
大物主命・火産霊命・伊勢三郎義盛公
創建
慶長19年(1614)以前
祭典日
夏祭
茅の輪神事
神輿渡御
7月13日
鷹巣神社
芸能
不詳。

由緒
 当社は、碓氷川を見下ろす鷹巣山に鎮座する板鼻の鎮守で、従来金比羅宮であった。
 当山は依田新六郎光慶の古城祉で、山頂に祀られた石神を母体に慶長年間、旧別当本山派修験三宝院鷹巣寺祐善により境内の造営がなされ、二世祐尊の代に酒井雅楽頭祈願所となり、額殿、神楽殿、神門が整備され、西上州の山伏を統括する正年行事職に就いた。
 江戸期には、中仙道板鼻宿の発展と共に当社も栄え、多くの崇敬者と旅人の憩いの神域となった。
 明治六年、村社となり、同四二年、本町八坂神社、神明宮、愛宕、管沢稲荷、関口取勝明神等を合祀して鷹巣神社と改称された。
 その中で神明宮は伊勢殿と呼ばれ、ここから西上州に伊勢の神宮大麻が頒布された。
 取勝明神は、伊勢三郎義盛公を祀り、付近に屋敷跡が伝わる。また現在、板鼻の夏祭(祇園祭)には旧道に多くの露店が並び、合祀社八坂社跡で茅の輪神事の後、御輿渡御が盛大に行われ、各区御旅所で町内安全が祈願される。