上州・群馬県安中市鎮座 鷺宮咲前神社 開運厄除、方位除、身体健全、子宝、安産、養蚕の神さま

稲荷神社(いなりじんじゃ)
稲荷神社
鎮座地
簗瀬甲651番地
主祭神
宇迦之御魂神
創建
文化年間
祭典日
例大祭(簗瀬の市) 4月14日
二の市祭 4月25日
稲荷神社
芸能
不詳。
由緒
 当社は往古、原市字鍛冶村の真下幾太郎氏の邸内に鎮座していたが、文化初年、有志により社殿玉垣等を新築し現在地に遷座した。
 以来、中御門家(楽道、笙を司る公家)の祈願所となり殷賑を極めた。社宝に文政七年(一八二四)同家奉納の抱柏御葉牡丹の紋の「紫縮緬幕」を蔵する。その後、天保年間に社頭は一時衰微するが、明治一六年(一八八三)に至り村民信徒が奮起して修築を施し、境内風致を改めると共に「簗瀬の市」を開き再興した。
 本殿は文化年間に造営され、拝殿は文政六年(一八二三)の造営であり、天井格子には奉納者の家紋が描かれている。そして信仰の証である絵馬の中には、祭礼の様子が美しく描かれている物を蔵する。
 また境内地は、安中氏の出張城であったと伝えられ「城山」と称す。『安中志』によれば建治元年(一二七五)四月の頃に安中氏の祖、二位中納言惟基が築城し応永六年(一三九九)三四世の後の重国の時に越後国へ移ったとする。